空手道場・悟心塾(ごしんじゅく)

自分を信じる力を育てる空手道場

 

技を教えるだけではなく「頑張っているんだ」「できるんだ」という気持ちを重ねることで自信となり、行動力をつけ、こども達の可能性を広げる。そんな「自信」を育てる指導に取り組んでいます。近年、大学入試もAO入試が主流になってきており「自己アピール」が大切な時代になってきました。みんなの前に立って挨拶をしたり、みんなに自分の考えを発表する機会をたくさん経験し、自信と度胸を育みます。
 
 

悟心塾の強み 其の1

相手の目を見て
挨拶できるようにする「発声稽古」

 

武道は礼に始まり礼に終わります。それは日常生活においても人間関係を円滑にし、お互いが気持ちよく過ごすために欠かせません。稽古の中においても「おねがいします」「ありがとうございました」などの挨拶を相手の目を見て行います。それは『相手がいるから稽古ができる感謝の気持ち』であり、敬意を示すものです。その気持ちを大切にできるよう指導していきます。また大きな声を出すことで「自分にはできる!」という自分を信じる心を育てていきます。自信がない時こそ大きな声を出し「もう少し頑張ってみよう!」と思えることは大きな成長へとつながります。
 

 

悟心塾の強み 其の2

みんなの前で発表の場を作る
「グループ対話」

自分の意見を自分の言葉でみんなに伝えられるように、そして相手の話をきちんと聞くことができるように、みんなでいろんなことについて話し合う稽古です。稽古の中で「できるようになった事」を発表してもらうこともあります。自分もみんなの前で発表できるようになりたい!という競争心、そして発表できたという自信を育て、相手が分かるように話せる力や聞く力をつけていきます。みんなの前で発表する誇らしげな塾生達の表情はとても輝いています。
 

 

悟心塾の強み 其の3

指導者との絆、
塾生達の成長の記録「悟心塾帳」

 塾生との心のやりとり、そして塾生達の頑張った証、成長の記録となるノートです。自分の書きたいことを書いて構いません。こちらから質問することもあります。自信をなくしているようだったら、悟心塾帳を使ってはげますこともあります。直接言えないことも、この悟心塾帳を使って『自分の意志』を伝えることを促します。自分を表現する『対話力』も養います。自分の思っていることを『言葉』にしたり『文字』にすることによって、豊かな表現力をつけ、自分を見つめ直すきっかけにもなります。それがメンタル強化にも繋がっていくと考えております。塾生の親御様からも「塾生が20歳になったら開けるタイムカプセルに塾長のメッセージを入れています」という嬉しいお話しもあり、大人になった時に見てもらいたい『宝物』です。
 

 

悟心塾の強み 其の4

「よく見て」「よく聞いて」「よく考える」
生活稽古

 「何故、履物を揃えるといいのでしょうか?」と聞くと「気持ちがいいから」「靴が喜ぶ」「次に履くときに履きやすい」「ありがとうの気持ち」などの答えが返ってきます。「何のために」を大切にし、日常生活の向上を目指します。

ご挨拶

 
悟心塾は元キックボクシング世界チャンピオン・全日本新空手王者・グローブ空手王者などの指導員が直接指導するフルコンタクト空手の「子ども専門」の空手道場です。
 
元気で活発な子はもちろん、内気で消極的な子も武道の精神を学ぶことによって、明るい未来へ一歩を踏み出し、夢や希望を持てるような人間になれるように、楽しく 、時に厳しく身体と心を鍛えていきます。
 
悟心塾では、武道を通じて『相手の目を見て大きな声で返事・挨拶をする』『痛みを知ることで、人の痛みを知り、我慢強くなる』『あきらめずに頑張る』などが身に付くよう指導しております。それにより『協調性』『忍耐力』『チャレンジ精神』を育てます。
 
また『履物を揃える』『道具を揃える』『列を揃える』などを意識することで心を整え、『気を配る心』『思いやる心』『次に何をするべきかを考える』ことを養い、生きるための『自信・希望・感謝』を養っていくことを目指していきます。
 
塾生たちが大人になり、「悟心塾に通って良かった!」と心から思ってもらえるように、取り組んでいきます。
 
押忍
 

悟心塾 塾長
サトル・ヴァシコバ
(小林悟)
悟心塾(ごしんじゅく)の強み
悟心塾(ごしんじゅく)の入塾案内
悟心塾(ごしんじゅく)のライト空手
悟心塾(ごしんじゅく)のよくある質問
悟心塾(ごしんじゅく)の見学体験申し込み
悟心塾(ごしんじゅく)の大会結果